--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.16

やっとこさ!こさこさ!

はい、僕です。

開通したぞーーーーーーー!

ってなんとも一週間ぶりに快便をしたみたいな発言ですね。
そうです。いやうん○じゃないよ。
そう、そうなんです。やっとネット開通です。

長かったー(しみじみ)

いや、だからさ、うん○が長いってわけじゃないんですよ?
困るなぁーみんなすぐそうやって下ネタ方面へ特急田中三号するんだもんなー!
え?それじゃなくてあれの長さ?あーなるほどー!ペヤング!

ってな感じで当事者の僕も最近の学生ブログ(いわゆる)を踏襲した格好です。いかがでしょうか。

にしてもブログを書くっていう行為自体に懐かしさを覚えますねー。
さて、なぜブログを再開したか。まぁそりゃ書くことがあるからじゃないすかねー^^
というのも僕はmixiにおいてほとんど日記を書かないんですよ。
そもそもとして人に自分の内面を見せることを大変嫌がる傾向を持っているわけです。

「なのになんでブログー?はぁ?」

って思う方もいるでしょうよ。とりあえず聞いてみてくれよー
やっぱさ、知り合いが見てる中では書けないことって存外多いと思うんよ。
例えば恋愛事情。これは書けない。そもそも一部にはいないことになってる。
愚痴。人間弱いんよー。でも知人には見せたくない。
悩み。僕は悶々と一人で悩むタイプ。

ということで、このブログは現実生活からの逃避の意味合いは強い、と考えていい。
逃避というとよくない印象を持つと思うが、内面をさらけ出す、という意味ではかなり僕の「リアル」がそこに存在する。
それは多くのブロガーが虚構の電脳肖像を作り上げるとのはまた違う。まぁでも読者からすると得体の知れない人物が書いているという点では共通するかもしれんけど。

とかっこつけてみたもののなんだかこそばゆくなってきたからゆるゆるスタイルに戻すよー

いろいろな並べましたが結局は日常的に文章を書くようにしたい、という考えがあるわけです。
スポーツジャーナリズムの授業をとってるんですがそこでコラム的な文章をいかに素早く的確に書けるか。その重要性に気づかされたわけですよー
ってなわけで顔も知らない人物に何かを伝える。そういう練習になるかな、と思うわけですな。うん。

っつーことでバイトで疲れました。
そうそう、バイトな、これはまた今度。

ストレイテナー@横浜ベイホールはサイコーでした。
JENの怪我によって開催が危ぶまれたミスチルコンサートも無事行われるし。
いやーたのしみっすね!んじゃ!

人気ブログランキングへ(クリックで投票、ランキングを変えてみました)
2007.05.03

久しぶりなのでテンション上がっちゃう!

いやーどうも僕です。
なんていうか放置、っていうより廃棄レベルですなこのブログ。
そして安定した一桁のアクセス。どうもありがとうw

まぁそんなことはどうでもいいので最近の近況。いや、まぁよくないけど。

まずネット開通が5月15日になってます。

言いたいことはわかるぜ?なんでそんなに時間がかかってんのかって。
俺も聞きてぇよ!どういうこっちゃフレッツやらゲッツやら知らんけどよー、
こっちとしてはネットが開通しないと夜のおかz(ry

ってまぁ理由は僕が工事日の申し込みをしてなかったからですな。
それだけじゃないのだけど、あとは請け負い業者の怠慢。
ってかあっちから連絡くるもんなんじゃないの?もうイライラしたわー。

新しくバイト始めたわけですが、週3なんですが、平日に毎日帰宅が11時以降ってどういうことなのかねこれ。もう疲れましたよ。疲れてオナn(ry

そんでもって学祭やらいろいろと活動始まりまして心身ともに疲れてます。

でも!7日にストレイテナーのライブ!横浜行ってくるぜ!6限授業なんか出てられませんw

そして!兼ねてからファンだと公言しているミスチル!
初めてのライブに!18日に仙台まで行ってきます!
やべー興奮してきたww
せっかく仙台に行くんで観光も兼ねて二泊三日のコースです。
期待して待ってろよ!何かを!剋目して見よ!このブログを!

ってことで意味のない更新でした。アディオス!





2007.02.15

なんつーか久しぶりすぎるけど、一応。

どーも。お久しぶりです。

まぁこんなこところもはや見てる人はいないと思いますがw

仮面浪人応援ブログと言いつつまるで何のアドバイスもしないまま早稲田の入試が始まっちゃいましたねー。

ねー。笑えねー。すまん。

え?誰も期待してなかった?

まぁまぁそう言うなよー。最後に一言言わせてくれよw

にしても、国際教養とスポ科はもう終わっちゃいましたか。

頑張って欲しいもんです。

というかね、あの入試の雰囲気。

受けた人にしかわからないと思うのだけれど一種のお祭りですねアレ。

ホント懐かしいなぁ、と思い、でももう一年たったんだって思って。

僕は現役のとき受験した後にその雰囲気を見てあーなんでもっと勉強しとかなかったんだろって後悔が湧いたのを鮮明に覚えている。

そういったものが原体験となって去年仮面浪人へと突き動かした面がある。

試験に落ちること、それは仕方ないのだけど。

力が出せなかった・・・という言い訳が一切通用しないのが受験なわけで。

力が出せないのなら、出さないで受かるくらい余裕の学力つけるしかないわけで。



やはり後悔はしてほしくないなー、と。

最後の試験が終わったときにやりきったな、と思えるようにして欲しい。

すがすがしい気持ちであのお祭りを後にしてほしい。

去年はスッキリしてたもん、俺w

でも採点してみてできの悪さに家で男泣きしたがw


「今更勉強したってどうにもなんねぇよ」


んなこたぁありません。

最後まであきらめなきゃマジで奇跡は起こる。

僕は去年試験の前の日は夜中の2時まで必死に勉強しておりましたw

それがダメだった原因かもしれないけどwwそれを4日連続してたもんなwww

とまぁこれは(おそらく)まねしてはいけないと思うが、

最後まで頑張り続けるっていうのは一番大事。

試験が始まる、その直前まであがいてみよう。

そのあがいたところが出たりするもんだから受験っていうものはつくづく因縁めいたものが多い。

ちなみに去年やっていたことは。

試験の前日→過去問。その学部の世界史の過去問(青本)を全部やる。

前日は英国の簡単な確認のほかは全部世界史の過去問やってました。

むしろ世界史の過去問しかやんなかったw


日本史や世界史は問題文を覚えるくらい過去問やろう。今からでも出来る。

たとえそれがその学部で意味無かったとしても他学部で必ず生きる。断言する。

それと早稲田バカは複数学部受けると思うけど


その日の試験の復習は必ずしろ。(世界史とか日本史)


これは外せない。

なぜなら前日に出た問題、それに類似した問題がつぎの日の学部の入試に出たりするからだ。

出来が悪かったことを嘆くな。それを次に活かせ。

終わった試験問題をまた確認するのはしんどい作業だと思うが

絶対にやるべき。

去年は本当に出た。アフリカかアメリカんとこだったかな・・・。

あと英文の単語なんかも調べるといいかもね。

とりあえず。だ。


次の学部の入試、そのまた次の学部の入試につながる可能性がある以上、

復習しよう。あきらめないで。



とまぁいろいろ言いたいことはあるのだけれど

結局は自分の実力以上のものは出ない。ということです。

過去問で7割とかとれてない人はきっと本番でもとれないと思うし、

本番頂点!って人もいるっちゃいるんだろうけど絶対少数。

過剰な期待感持ってやるよりか気楽にやったほうがいいんじゃないかな。


というのも。

僕は去年正直な話・・・

政経学部以外は受かるだろうなーっていう思いがあったんですね。

過去問とかの出来とかから鑑みて。

でも。でもです。

最初の一文では極度の緊張のあまり英文が頭に入ってこなくてアボーン。

わずか0,5点足らずに落ちました。(後に得点開示したので)

一問あってれば合格っていうwまぁ補欠でしたしね・・・。

商学部もいつもの力が英語で出せずにアボーン。英語簡単なはずなのに。

確か2点くらい足らなかったかな。

まぁそんな感じでいい具合に自分の力出すのは難しい。

むしろ実力よりちょい下のものくらいしか出ないと思ったほうがいい。



気負わずリラックス。こんくらいしか言えん。

だって実力以上モノは出ないのだから。


だから最後まで実力を上げる努力をしてほしい。

最後まであきらめずにあがいてほしい。

最後まで努力し続けて欲しい。


頑張れ。



受験っていうやつは結局は一人でやるもんだ、ってよく言われるもんだが

その実、その過程においてお世話になった人はいるもんだ。

親やら友達やら彼氏彼女やら。

その受験費用出してるのは誰だ?

どれだけお世話になった?



・・・そういうことを思えば今やることは一つだろ。

倍率がなんだ?実質勝負してんのは上位半分にも満たない層だ。

恐れることはない。

最後まで必死こけ。



そして最後の試験が終わったとき。

すがすがしい気持ちになれるように。

本番頂点!になれるように今ファイト。



では。

春、都の西北で会いましょう。  Byぐったり。




なんかあったらサイドバーにあるアドレスにメールください。

答えられる範囲でなら答えます。








追記

一応教育学部と文学部の試験監督やります。

受ける人、会えるといいねw

あとどっかの日に朝とかに受験生応援しようかなーと画策中w

もしくは帰りのお祭りに参加するかw

ま、決まったら書くよー

2006.10.18

ぐぁーーー


ども、お久しぶり。ぐったりです。

一ヶ月ぶりですか・・・。

すいません、学祭までは多忙です。。。

ま、特に変わりなくすごしてるわけですがw


えーと、夜も遅いので手短に。(しかも明日一限から)




で、今なんか読み返してみるとかなりえらそうに書いてて

てめえが言えることかよwwうぇwwとか言われそうなので

反転しときますね。


受験生の方々頑張ってるでしょうか。

ま、このブログ一応仮面浪人応援ブログなので笑

特に仮面の方々、これからが勝負ですよ。

これからの努力次第でいかようにもなります。

僕は去年バイトと授業と平行して勉強してったわけですが、

時間取れなくて、この時期当然あせりはありました。

ただあせりは何も生まないし、気ばかりはやるだけですね。

少ない時間で集中して取り組む。これ一番大事。

なので僕は授業中に勉強だとかオススメしません。

授業中なんて勉強に集中できる環境にないのではっきり言って無駄だと思います。

勉強って言うのは勉強だけに集中した場合に最大効果を発揮するんであって

なにか片手間にやりながら同時進行にやってもなんら効果は得られないのはないでしょうか。

思い出してみてください。

テレビを見ながら勉強して効果が出ますか?

それと同じことです。

授業は授業。勉強は勉強。

仮面を選んだ以上そこはしっかりとわけたほうがいいと思います。


年々一般入試での枠が狭くなってます。

商学部なんて見ると合格者数の減少が露骨ですねw

なんでかっていうと偏差値保つために一般入試の合格枠減らしてんですね。

極論から言うと、大学側からすればだんだんと私文バカはいらねーって

そういう姿勢になりつつあるように思います。

今年はもっと減ることが予想されます。

よーく考えて欲しい。

10万人受けて8万人以上落ちるんです。

重複もあるけど。

5人に4人が落ちるんです。

甘っちょろくはないですねこれ。

去年落ちたのは何でなのか、

そういう自己分析して努力しないとヤバいですよー。

マジで。

時間のない仮面生にとっては効率的な勉強が求められるはず。

自己分析→対策

っていうプロセス大事です。

即効型というか直結型というか・・・。

ましてや一浪して落ちたというのは決定的に何かが足りなかったということ。

甘くない。

頑張らないといけないと思います。


えらそうにすいませんでしたww

文章うんこでしたし、たぶん気悪くした方もいるかもしれませんね。

全部精神論だし。。。

土下座で謝ります笑

今度具体的に書きます。


あ、あと誰か青本欲しい方がいたらあげますよw

ま、詳細はまたー。

2006.09.15

お久しぶりですがなー

祝!大放置!


どーもーお久しぶりー。

時の旅人~♪

ララ~ラ~♪

ララ~ラ~♪

旅人~♪(なつかしすー

時の旅人ぐったりですよ。


えーとまずごめんなさい。

特にこの駄ブログに毎日来てくれてるアナタ!

グッジョーブ!略してGJ!

とひとしきり読者をほめつつ。(褒めれてない


ま、基本的に何してたかというと、

まず京都旅行ですね。

よかったです。

心洗われました。

特に広隆寺の弥勒菩薩に。

あの微笑。

真似したいと思いました。

なんかいいよね、京都。

なんここう・・・空気感が。

古都!

コト!

コトー!

あーなるほど、

Dr.コトーのあの空気感はこの古都に通じるものだったんだー!

安らぐっ!

めぐの安!



で、まとめると。

もっと居たいねーって感じでした。(テキトー


まぁそんなこと言っといてホテルでは(略


ちょいと気を取り直しつつ。


そのうちちゃんと記事にしようかなーと思っとるわけですが。

ですが僕の宣言など

石原良純の天気予報並みに適当なので。

そのへんはあしからず。


んでちょいと合宿なんかも行ってきたわけですが、

丸々4日間。

東京のとある島へ。



うん。まぁ特に何もないわ。

アイランドマジックとか絶対ないわ。

ねぇ。

期待した自分がバカだったよ。

むしろ行く前よりなんていうか。

そのー。

ダメになってる気がする。

若干ね。

うん若干。太ったし。

ってことで総じて楽しかったです。


そーいえば9月11日。

あれから5年ですよ。早いですね。

今でも覚えてます。あの飛行機が突っ込む映像、ビルが崩れる瞬間。

当時中3。

塾から帰ってきて、よーし飯だーって思ったら、あの映像。

衝撃的だったなぁ。

いまだに消えないユダヤ人による陰謀説だとか(調べればいろいろ出てくるよ)

もろもろとみなさん意見はあると思いますけど、

やっぱ事実人が死んだわけですから哀悼の意は示すべきかと。


そんで今ここで何らかの意見を述べられない自分の貧相な知識に愕然。

自分って何を5年間で学んだのだろうかと思うと。

それは学力が上がっただけなのかも。

なんて究極的な自分の人生否定論みたいなことを考えてしまう。

うーん。やばいね。

断片的な感想というか意見はあるのだけど。

つなげられない、うまくつくれない。

論理力ねぇなー。

これがやめられない、とまらないの

あの往年のかっぱえびせんみたいな勢いで

論理構成ができたらどんなにいいだろう。

とまらないはいやだけどw


ふと最近ほんと学歴とかあんま関係ないなぁと思って。

一番こだわってた奴が何を言うかという話ですけどもw

やっぱ人の資質だなぁと。

できる奴はできるんですよ。大学なんか行かなくたって。

マジで。行動力。コミュニケーション能力。

大学は出てからが勝負だぞっていう親の言うことがかなーり実感されてきたわけですねこれ。

まぁなにがあったというわけじゃないんですが・・・。



僕の早稲田における親友とも呼べる友人がアメリカに一人旅に行ってて。

あのワールドトレードセンターの跡地にも行ったって電話で。

グラウンドゼロ。

なんかこみあげてるものがあって涙が流れたそうです。


いい経験してるなぁーってちょっとうらやましい感じ。

まず一人で行くとか超すげぇよ!って感じだもんなぁ自分w

今度は二人でどっか行く予定なので。

とりあえず金ためなきゃならんですね。ぐぁー。

大学生のうちだけだしね。旅できるの。

いろんなところに行って、いろんな経験をする。

それも大事なこと。

前に将来のことがどうこう書きましたけども。

それってくるときがくればわかるんだよって話をどっかで目にして

あぁーそっかぁ。

無理に探すもんじゃないよなぁと感じて。

なんだか気が楽になって。

簡単な言葉なんだけど、妙に納得。







まぁなんのこっちゃですねこれww

チラシの裏失礼w






お詫びに。

後半は僕が最近(といっても5日前)Mixiで書いた日記をコピペしときます。

期待するなよ。




続きを読む
2006.08.30

ラフってラブになる前って感じかもしれない、なんてね。

さてさて、映画「ラフ」。

あだち充原作ですね。漫画は読んだことはないですw

いやーなかなかいいと思いますよ。

タッチに続いてあだち充原作映画のヒロイン、長澤まさみ。

よくまとまってるし、青春ですよ。青春スポーツ淡いラブストーリー。

あーもう完璧ですねこのコンボ。

もだえちゃうよ。にやにやしちゃうよ。


まぁなぜこれ見たかって言うと。

そこには深いようであさーーーい理由があるとか、ないとか。


ネタばれとかほとんどないから安心して見てねw




続きを読む
2006.08.23

花火花火はなびあくび(後編)と思ったけど雑談。

いやはや世間は早実斉藤君フィーバーですがね。

僕はといえば何ともぱっとしない毎日。

ぱっとしない。

PATしない。

これはゴルフにおけるグリーン上のことなのか、

はたまた・・・。



取り乱しました。どーもーーーーー!ぐったり!です!

あ、自分的には斉藤君は普通に早稲田に来ると思いますね。

プロに行くとは思えない。

一般入試で早実入ったんだよ!

これホント立派だと思うね。結構な難易度でしょ?

勉強熱心らしいし。

さぁさぁ、ハンカチ王子を応援したかったら早稲田に来るんだ!ww



まぁね、斉藤君は今でこそクールで冷静沈着。

彼も昔は感情をむき出しにして投げていて、ピンチになったらストレート連発!みたいな。

コーチなんかに大分おとがめくらってたみたいで。

「投手が感情を出して何がいいことあるんだ」

それであのクール斉藤が誕生したんですね。

教えを受けてそれを吸収し成長できるのはすばらしい。

僕なんかはもうそれはそれはすぐ顔に出してしまう性格のために

「お前は嘘をついてるがすぐわかる」

などと浮気一つもできないような正直さの持ち主なんだが、

それを利用してどうにか人気者なれないかと思慮をめぐらしてみたところ、

逆の意味での人気者にしかなれないと気づいてがっかりですよ。えぇ。

唯一できそうなのがリアクション芸人だったのだが

下手したらホントになってしまうかもしれないので

心の中の自分に全力で否定。

そう、僕は結構リアクションで笑いをとるタイプなのだ。


得てして正直者って得をしないようにこの世の中出来てるわけで、

すぐ顔に出てしまうっていうのはこれまた厄介なものだな、と。

これはすぐにでもクールでポーカーフェイスになるべきじゃね?とか

調子こいて、じゃね?みたいなノリで思ったけど

僕から笑顔つまりスマイルをとったら何も残らないんじゃないのくらいに

結構なスマイルキングなので

それはないな、この個性化の時代に。

と打ち消すのでした。




しかし。


僕が一番注目をしたのは、

キャプテンの後藤君。


僕は丁度リアルタイムでテレビで早実の優勝を見届けたわけですが。

それはもうやんわりとね、あついまなざしで見つめてたわけですよ。

暑い甲子園のグラウンドを。

クーラーの効いた部屋でガリガリ君を食べながら。

それはもうクーラーとガリガリ君のコンボによって快適。

むしろ快適通り越してビフテキ。

このくそ暑い夏にビーフステーキかよ。



で、その後藤君。

優勝インタビューで斉藤君と並んでインタビューされてたんだけど。

そこでの彼。

















頭悪そう。






うまくしゃべれてない。

なんていうかカミカミというわけじゃない。

そこはこのわせきょーきってのカミニストが言うのだから間違いない。

うんなんか最後に残念なキモチになった。

一緒に見てた親も頭悪そうとか普通に言ってたからからね。




とともに早稲田らしいなぁーと思った。




ま、だから最終的にはほほえましいってことでここはひとつ。

(ばかばっかりという結論)



花火の話ですがね。

なんかもうどうでもいいよねこれ。

あれですね。

結局あれです。


肉体労働ってもう絶対イヤ。


先輩とかと一緒にやったバイトなんだけど、

いやー非常につらい。

二日間こき使われました。

俺は働き蟻かってくらい。


もしくはたけし軍団における〆さばアタルのような。


現代社会におけるソルジャーの意味を体で理解。

当日なんて撤去したあとにごみ拾ったり。

ごみ拾ってたら朝迎えたり。

なんだろ、こういうのを一生の職にはしたくないと

切に、切に願いました。


いやーでも。

こういうイベントに対してこれだけたくさんの人たちが

ウラで動いてるんだーっていう勉強にはなった!

たぶん行く側としてなら何気なく楽しい時間すごすんだろうけど、

イベント一つ動かすのにこういう現場での大変さを学ぶことが出来た。

経験って大事だ。

一つのバイトからでも多くを学べた。

いろんなバイトをするっていうのも自分を社会を考える上では重要なのかもしれないな。






ただ、徹夜の肉体労働バイト上がりで

そのままお台場冒険王に行くっていうはさすがに無理だった。





ノリでそんな予定立てたけど無理でしたww


先輩は行ってたけど(無尽蔵?)










僕はそんな肉体的冒険お断りだ。







航海士というか後悔士なぐったりに投票。(クリック)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。