--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.15

なんつーか久しぶりすぎるけど、一応。

どーも。お久しぶりです。

まぁこんなこところもはや見てる人はいないと思いますがw

仮面浪人応援ブログと言いつつまるで何のアドバイスもしないまま早稲田の入試が始まっちゃいましたねー。

ねー。笑えねー。すまん。

え?誰も期待してなかった?

まぁまぁそう言うなよー。最後に一言言わせてくれよw

にしても、国際教養とスポ科はもう終わっちゃいましたか。

頑張って欲しいもんです。

というかね、あの入試の雰囲気。

受けた人にしかわからないと思うのだけれど一種のお祭りですねアレ。

ホント懐かしいなぁ、と思い、でももう一年たったんだって思って。

僕は現役のとき受験した後にその雰囲気を見てあーなんでもっと勉強しとかなかったんだろって後悔が湧いたのを鮮明に覚えている。

そういったものが原体験となって去年仮面浪人へと突き動かした面がある。

試験に落ちること、それは仕方ないのだけど。

力が出せなかった・・・という言い訳が一切通用しないのが受験なわけで。

力が出せないのなら、出さないで受かるくらい余裕の学力つけるしかないわけで。



やはり後悔はしてほしくないなー、と。

最後の試験が終わったときにやりきったな、と思えるようにして欲しい。

すがすがしい気持ちであのお祭りを後にしてほしい。

去年はスッキリしてたもん、俺w

でも採点してみてできの悪さに家で男泣きしたがw


「今更勉強したってどうにもなんねぇよ」


んなこたぁありません。

最後まであきらめなきゃマジで奇跡は起こる。

僕は去年試験の前の日は夜中の2時まで必死に勉強しておりましたw

それがダメだった原因かもしれないけどwwそれを4日連続してたもんなwww

とまぁこれは(おそらく)まねしてはいけないと思うが、

最後まで頑張り続けるっていうのは一番大事。

試験が始まる、その直前まであがいてみよう。

そのあがいたところが出たりするもんだから受験っていうものはつくづく因縁めいたものが多い。

ちなみに去年やっていたことは。

試験の前日→過去問。その学部の世界史の過去問(青本)を全部やる。

前日は英国の簡単な確認のほかは全部世界史の過去問やってました。

むしろ世界史の過去問しかやんなかったw


日本史や世界史は問題文を覚えるくらい過去問やろう。今からでも出来る。

たとえそれがその学部で意味無かったとしても他学部で必ず生きる。断言する。

それと早稲田バカは複数学部受けると思うけど


その日の試験の復習は必ずしろ。(世界史とか日本史)


これは外せない。

なぜなら前日に出た問題、それに類似した問題がつぎの日の学部の入試に出たりするからだ。

出来が悪かったことを嘆くな。それを次に活かせ。

終わった試験問題をまた確認するのはしんどい作業だと思うが

絶対にやるべき。

去年は本当に出た。アフリカかアメリカんとこだったかな・・・。

あと英文の単語なんかも調べるといいかもね。

とりあえず。だ。


次の学部の入試、そのまた次の学部の入試につながる可能性がある以上、

復習しよう。あきらめないで。



とまぁいろいろ言いたいことはあるのだけれど

結局は自分の実力以上のものは出ない。ということです。

過去問で7割とかとれてない人はきっと本番でもとれないと思うし、

本番頂点!って人もいるっちゃいるんだろうけど絶対少数。

過剰な期待感持ってやるよりか気楽にやったほうがいいんじゃないかな。


というのも。

僕は去年正直な話・・・

政経学部以外は受かるだろうなーっていう思いがあったんですね。

過去問とかの出来とかから鑑みて。

でも。でもです。

最初の一文では極度の緊張のあまり英文が頭に入ってこなくてアボーン。

わずか0,5点足らずに落ちました。(後に得点開示したので)

一問あってれば合格っていうwまぁ補欠でしたしね・・・。

商学部もいつもの力が英語で出せずにアボーン。英語簡単なはずなのに。

確か2点くらい足らなかったかな。

まぁそんな感じでいい具合に自分の力出すのは難しい。

むしろ実力よりちょい下のものくらいしか出ないと思ったほうがいい。



気負わずリラックス。こんくらいしか言えん。

だって実力以上モノは出ないのだから。


だから最後まで実力を上げる努力をしてほしい。

最後まであきらめずにあがいてほしい。

最後まで努力し続けて欲しい。


頑張れ。



受験っていうやつは結局は一人でやるもんだ、ってよく言われるもんだが

その実、その過程においてお世話になった人はいるもんだ。

親やら友達やら彼氏彼女やら。

その受験費用出してるのは誰だ?

どれだけお世話になった?



・・・そういうことを思えば今やることは一つだろ。

倍率がなんだ?実質勝負してんのは上位半分にも満たない層だ。

恐れることはない。

最後まで必死こけ。



そして最後の試験が終わったとき。

すがすがしい気持ちになれるように。

本番頂点!になれるように今ファイト。



では。

春、都の西北で会いましょう。  Byぐったり。




なんかあったらサイドバーにあるアドレスにメールください。

答えられる範囲でなら答えます。








追記

一応教育学部と文学部の試験監督やります。

受ける人、会えるといいねw

あとどっかの日に朝とかに受験生応援しようかなーと画策中w

もしくは帰りのお祭りに参加するかw

ま、決まったら書くよー

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。