--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.02

もうそんな時期ですね。

久しぶりにブログを覗いてみたらなにやらアクセス数が20とか放置ブログにしては考えられない数になっていたのでなんだ?と思いこれまた久しぶりにアクセス解析を見てみたら、

見事に2chに晒されてんのな。

でもまぁこの程度の伸びだと仮面浪人スレかなんかに貼られただけだろうと踏み、専ブラ導入しちゃってるいわゆる終わってる類の俺は、そのスレを見つけ出すことに成功。

で、せっかくだから斜め読み。
うん、見事に就職の話が多いな・・・。
まぁわからないでもない。ただ、視野が狭すぎやしないかい?
二浪だと就職がどうこうとか。

関係ないから。
はっきり言えるのは二浪だろうが三浪だろうが留年してようが就職活動で勝てる人間ってそんなの関係ないってこと。
例えば授業で一緒になった5年生(笑)の先輩は博報堂にしっかり内定もらってたし、例を挙げればきりがない。
大学で何やるかだろうね。って言うと前の記事と矛盾するんだけども、前の記事は早稲田っていうのは最低限の枠組みというか身分というか、「ハコ」を用意してくれるってことを言いたかっただけだからなぁ。時間がなくてアレだったけど。

別に二浪になるとか気にしなくていいと思うし、気にする必要もない。
行きたいなら行けばいい。
仮面する行為自体を理論武装するために理由付けする必要なんてないのになぁ。
もっと素直になればいいじゃん。と思うんですが。

そんな俺ですがそろそろ本格的に就職に関して考えなければならない時期であります。
ということで先日みんなの就活フォーラム@六本木ヒルズに行きました。
ようやく始動って感じで遅すぎるくらいだと思うんだが、とりあえず、夏にインターンシップはやる予定。
全部選考落ちたら泣こうと思うよ。うん。
それにしても業界絞るだけでも俺は大変そうだ。
一応マスコミに入りたいなっていうおぼろげなものはあったんだけども今はそれは崩壊し、
堅くインフラ系がいいんじゃないかなーなんてこれまたおぼろげながらも思ったりしている。

すべてがおぼろげ、はっきりしない。

今まで一つのことをやってきたって感じじゃなくていろいろ手を出してきたのも原因だろうね。
そこでお決まりの「自己分析」の登場ですよ。ジーコーブンセキー。
なんて彼女に言われてこいつうぜぇと思いつつ(就活終わってる余裕)、
ジコブンセキ。その言葉について考えて始めたところです。おせーよw

スポンサーサイト
2008.03.04

さーてと。

そろそろこの放置ブログも訪問者が多くなる頃かな、と思い久しぶりに。
前の受験ブログが「仮面浪人」でググると結構な上位なので、
そこにリンクしてあるこのブログにもそこそこ人が来るんじゃないか、とね。


先日・・・とうかだいぶ前か、先月だし。
大学に用事があったので行ったら、偶然受験生と同じ時間帯に帰る羽目に。
うわぁ・・・まじかよ・・・。←不謹慎かw とまぁ
少し時間をつぶし、人影がまばらになったあたりで早稲田駅へ。

僕も受験生とみなされいろんなものを渡されかけたんで

まだまだ受験生としてもいけるなぁ俺ww21歳www(実際別に珍しくはない)

なんて意味不明な悦に入っていたのだが、同時にある種のノスタルジーを感じていた。

たった二年前の受験生だったころの自分。
いや、もう二年前、である。

忘れ去っていたあのころの記憶がフラッシュバックし、甘酸っぱい、
なんとも言えない感覚に襲われた。

今となってはなぜギリギリの状態で頑張れたのか、正直よく思い出せない。

強い思いが結果に結びついた。

そんな陳腐な回想しか出て来ない。


本当に早稲田って大学にはいろんな奴がいるし、勉強するにしても
可能性は無限にある。過ごし方はそれぞれだ。自由だ。
入学できたことは人生最大の転機になるだろう。

そう思ってはいるのだが、先に述べたように受験に対して何の感慨も持たなくなったのは
やはり大学がすべてではない、ということに気づいてしまったからだろうね。

たった4年間のブランドでしかない。そのことに。

更に言えばそのブランドが足かせになることさえありうる。

例えば就職活動。

同級生が一万人いるんだぜ・・・「早稲田大学」の肩書きを持った新卒生が。

慶応の先輩「どの説明会行っても早稲田はいるよね。」

ふぅ。こりゃライバルたくさんですね。差別化しないと生き残れなーい。


かと言ってこれから仮面浪人しようとか思ってる人に対してお前マジ意味ないからやめろよ・・・なんていうつもりは毛頭ない。
むしろ積極的に奨励するべき事項だと考えている。

彼女が3年生で、今就職活動をしているのだが
彼女は・・・まぁはっきりいってしまえば2ランクくらいは下の大学(ニットウコマセンとかね)だ。

学歴社会なんてものはもうないよ。と言われて久しいが、

彼女に言わせると学歴フィルターはやはり、ある。


大学で面接する部屋が違ったり、求人自体がいかない場合がある。
もっと言えば高学歴じゃなきゃ受けられない企業あったりするしね。外資とか。


で、この後いっぱい書いたのに消えてしまったのでもうやる気がでません。
もうマジないわー久しぶりに書いたらこれだもん。ブログ界は僕を追放したいに決まっている。

端的に書くと、とりあえず学歴は大事だよね。
早稲田はアカデミックな意味で懐が深い。
なんで、とりあえずくればいいじゃん!

て感じっすwwえへへwwwwwもうだめだwwwwwww

まー一年の遅れくらいどうってことないわけよ。
僕はあまりにも劣等生すぎて5年生になるかもだけど、そういう人でなければ、ねw

むしろ仮面浪人しようなんて思っちゃう人は一年くらいみんなより遅れて生きたほうがいいよ。
自分を見つめなおす意味で、さ。


あーもうホントいいこといっぱい書いたのに上のだけじゃ
学歴大事っすよwwwみたいな前時代的思想丸出しのあほ馬鹿あんぽんたんですやん。
でも書き直す気概がもてないのでしゃーない。すまん。俺。

あ、
メールくれた方、ちゃんと返信するんで待っててください。さっき気づきました、すいません。

この文じゃアレなんでなんか相談あったら右のアドレスまでどうぞー。すまん。なんかすまん。

今でもメールとか送ってくれる方がいるから前のブログ残しておいてよかったなって思う。
元気づけられたって言われるとなおさらうれしい。
今読むと恥ずかしくなるんだけどね、言葉遣いとかきめぇwwwって感じだし。
でもすごい等身大で書かれているし、当時の「リアル」がそこにあると思うとなんだか消せないんだよなぁ。
恥ずかしいが消せない。背反した奇妙な感じ。ってことで記録として半永久的に残しておくことになるんだろうな。
2007.09.10

あひゃー

実は昨日の深夜帰ってきていたぐったりです。どうも。

結局、三重の伊勢神宮に行ったり、

名古屋城へ行ったり、意味もなく岐阜へ行ったり(にしても20分弱でで名古屋から岐阜へ行けるんですね。)

その後、もっと北上し、金沢あたりまで行くか、

はたまたもっと西へ、もっと西へ!という溢れる衝動に基づいた行動をするかで迷った挙句、


まぁ・・・疲れたし、帰るかってことで。そんな衝動溢れるわけないじゃない。
B'zじゃあるまいし。衝動とか熱き鼓動とかないって・・・。

帰りも同じように東海道線でひたすら乗り継ぎ東京へ。


とりあえず感想。

東海道線の女子高生のマナーの悪さは異常。

久しぶりに電車で地べた座ってるの見たよ・・・。

そんなの見たらちら見しちゃうじゃないですか。

そんなあぐらっぽいの見たら視姦しちゃうじゃないですか。

で、僕普段も女子高生などを見ると全力でちら見もしくは視姦するわけですが。

あぁ・・・やってることどこ行っても一緒だなぁと。少し残念な気持ちに今なりました。

日本の都市部はどこへ行っても同じような風景で、日本の均質化とも言うべき現象が指摘されてますが、エロに関してもそうなんだろう?なぁ?

ネット網の発達によってどこでも同じ・・・つまりなんだ、おかず的なものが得られるようになったことで、エロ方面での情報の均質化も進んだんだろ。

でも、その情報の手軽さゆえにエロの低年齢化、つまり年齢の低いうちからそうした情報を簡単に得られるようになっt

なんだよこれ^^;


さてさて、明日からまた作業の日々。いつになったら免許とりにいけるんだろ・・・。


特に旅行に触れてないあたりがこの記事のみそなんだけど(投票)

2007.09.09

あの有名ブロガーたくさんの名古屋に降り立つ!

今名古屋のネットカフェです。

いやー、けつがいてぇのなんの。

鈍行の旅を舐めてました。7時間くらい電車乗ってたかな。

座ってるだけっていうのも結構疲れるんですよね。

電車ではもっぱら伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」を読んだり、

ipod聞いたり、車窓から見える風景に思いを馳せたり。

なんか、いいよ。

自分のことを誰も知らない土地へ行き、自分を見つめなおす作業。

僕自身感じていることなんだけど、普段の生活の中でどうも「キャラ」を演じている傾向が強い気がする。

本当の自分をさらけ出せずに、道化師のように求められるキャラを演じているのだけなのではないか。

ただ、いまいち自分の中でテンションの上下だとか、たまに出るめんどくさがり、または何でもやりたい意欲。

様々な”自分”。

そのどれが本当の俺なんだーっという戸惑い、葛藤があって。


ここだけ読むと、とんだメンヘラですねww乙wwww

とか言われそうなので弁解しておくととりあえず疲れたってことです。

演じるのも疲れたし、毎日学校へ行き、作業の日々に。


投げ出してまで逃げ出したかった。



ただひとつ。わかったことがある。


出発時の俺@クーラーのきいた自室→

「とりあえず名古屋行ってー、で、行けたら福岡まで行きたいなぁ!」


今の俺@名古屋駅前ネットカフェ→

「九州とかムリっしょ。朝出て夜着くとかそれなんて世界の車窓から?」


とまぁ

完全にめんどくさがりな自分丸出し。


本当の自分はただのめんどくさがりってオチでした。こりゃ思わぬ収穫^^

さて、今日はどこ行こうかね!






2007.09.08

夏、終わる。

思えば遠くまで来たものだな、と思う。

距離じゃなくて時間の話。



先月、中学生の同級生が亡くなったんだが、そのときに中学の元カノと女友達と三人で飯を食いに行きましてね。

いや、まぁかなり不本意な展開であったがノリで連れて行かれた感じ。

そこでの会話っていうのがホントひどいもんでいままでの経験人数だとか、過去の恋愛の話だとか、その元カノの恋愛遍歴だとか。

僕自身はそういう方面の経験はあまり豊かなほうではないので圧倒されましたわ。

というかね、仮にもファーストキスの相手なわけですよ。元カノ。

その人がこう・・・なんというか変わってしまったというか・・・ねぇ。

実際分かれ際はかなりひどい仕打ちを受けたので彼女の恋愛的な性格、偏向については少し疑問を持っていたけど。

お互い初めて付き合ったもの同士だったのに5年半経過した上での、この方向性の違いに少し笑ってしまった。

ただ、今保育士をやっている彼女の中の核の部分はやはり変わっていなくてその点に関しては安心した。休みがあまり取れないと嘆くが、充実していそうだ。

社会人である彼女と、気楽な大学生をやっている自分と。

その身分以上に差が開いてしまった気がして。少し、思うところもあtったり。

夜、公園で花火をした後に見たたくさんの流れ星。

亡くなった人の分まで何か頑張らんとなぁ、なんとなく決心。



最近それもあってか悩むところが多くて、疲れ気味です。

本来ならば就職活動をする年齢。

だけど運よく合格して獲得した一年のモラトリアム。

この一年間に何ができるだろうか。

未来へのビジョンも明確でないまま流されてせわしなく生きるのか。

なんだかなーっていうことで・・・



ちょっと旅に行きますw



18きっぷで!行っちゃうよ!

ということで何も決めてないですが今から出発しますwww

10日に戻ってきまーす!

久しぶりに更新してこの急展開。wktkがとまらないね!







2007.05.22

帰還して、麻疹休講。

20070522144505


早稲田も麻疹で休講キタコレwww
ってことで来週の火曜までお休みですよー。なんてニートこれ?www

写真は松島です。これからバイトなんで後日詳細書くぜー。
ミスチルライブ@仙台は感動しました。なんていうか選曲が。世相を反映してかメッセージ性の強いライブになっていたように思います。ま、また後で書きますわ^^


そーいえばハンカチ王子を初めて学校で見ました。(って書いておけばアクセス上がるんじゃないかという汚い手法wまぁ実際真実ですが^^)

祐ちゃん効果で順位もアップ中!w(クリックで投票、ランキングを変えてみました)
2007.05.18

先代の専大の千台の車は仙台ナンバー。

いよっしゃぁー!ついにきましたーミスチル@仙台グランディ。

前々からミスチルのファンであることは言ってましたが、その好きさ加減は巷に溢れる「あーシングルだけなら知ってるよー」的なエセミスチルファンなどを一蹴できるほど。

それほどまでに愛を持っているわけです。
カラオケは全部歌えます。ただ、そんなマニアックな歌を一般的なカラオケの場で披露するほど空気が読めない人間ではないのでなかなか歌う機会は限られてくるんですけどねー。よくいるんだわーみんな知らないようなHIPHOPかますやつ。YO!あれ?口が勝手に・・・。

っつーか最近ホント何歌えばいいかわかんねぇわ。テナーとかラッドとかすらみんな知んないしさー。もっとみんなロック聞けよー!洋楽?あぁ?歌詞の意味もわかんないのにYeah!とかぬかしてんじゃねーよ^^っていうスタンスなので僕は日本語ロックしか聞きません。あれ?なんかみんなが敵意むき出しな目で見てくるのはなぜだろう?

とまぁカラオケ談義はそこまでにして。

その時代時代を彩る歌っていうのは世間的に存在するのは確かであって、現に歌とともにその時代を振り返る、といった試みは大衆娯楽、つまりテレビの世界では多く使われている手法ですな。

そこにおいて自分の時代、時代というのはいささか語弊がありますが、自分の成長過程においてその時その時で聞いてた曲とか流行ってた曲とか、そういう類のものは皆さんそれぞれお持ちでしょう。曲に思い出が帰属しているというか。

そこでもってミスチルは僕の人生のなかで思い出すと節目節目で心に響いていた、ということなのです。

例えば高校受験のときはyouthful daysを聞いていたのを思い出すし、
くるみとかはその曲を聴きながら初めてアドレスを話したことのないほかのクラスの子に聞いて(形式上は罰ゲームだったがw)頑張ってメールをしていたなぁーと思い出す。

♪ねぇくるみーあれからは一度も涙は流してないよ~♪

と桜井氏は歌っていたがその後、すぐにその子に彼氏が出来ていたとき僕はひっそりと泣いた。さめざめと泣いた。一週間後とかひどいタイミングすぎる。
あれから今年で4年。最近泣いてないなぁとふと思ったり。


そんな残念な思い出すらも曲に内包されていて。仮面浪人してるときもミスチルのIラブU聞いてたもんなー。思い立った瞬間そこは出発点!跳べー!うおおおおおお!ガリガリガリガリ!チャンドラグプタ!

いいことばかりでもないけど、なぜか覚えていることってそういった残念なことが多いけど、なんだか思い出すといとおしく思える瞬間っていうのはいいことよりよくない事なのかなぁ。なんだか老け込んだ発言ですね。


だから僕は今日もミスチルを聞く。
綺麗な思い出も残念な思い出もその曲を聴けば思い出せる。そんな気がするから。




なんか無理やりまとめてみましたw

では仙台行ってきまーす!携帯更新あるかも!(クリックで投票、ランキングを変えてみました)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。