--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.04

さーてと。

そろそろこの放置ブログも訪問者が多くなる頃かな、と思い久しぶりに。
前の受験ブログが「仮面浪人」でググると結構な上位なので、
そこにリンクしてあるこのブログにもそこそこ人が来るんじゃないか、とね。


先日・・・とうかだいぶ前か、先月だし。
大学に用事があったので行ったら、偶然受験生と同じ時間帯に帰る羽目に。
うわぁ・・・まじかよ・・・。←不謹慎かw とまぁ
少し時間をつぶし、人影がまばらになったあたりで早稲田駅へ。

僕も受験生とみなされいろんなものを渡されかけたんで

まだまだ受験生としてもいけるなぁ俺ww21歳www(実際別に珍しくはない)

なんて意味不明な悦に入っていたのだが、同時にある種のノスタルジーを感じていた。

たった二年前の受験生だったころの自分。
いや、もう二年前、である。

忘れ去っていたあのころの記憶がフラッシュバックし、甘酸っぱい、
なんとも言えない感覚に襲われた。

今となってはなぜギリギリの状態で頑張れたのか、正直よく思い出せない。

強い思いが結果に結びついた。

そんな陳腐な回想しか出て来ない。


本当に早稲田って大学にはいろんな奴がいるし、勉強するにしても
可能性は無限にある。過ごし方はそれぞれだ。自由だ。
入学できたことは人生最大の転機になるだろう。

そう思ってはいるのだが、先に述べたように受験に対して何の感慨も持たなくなったのは
やはり大学がすべてではない、ということに気づいてしまったからだろうね。

たった4年間のブランドでしかない。そのことに。

更に言えばそのブランドが足かせになることさえありうる。

例えば就職活動。

同級生が一万人いるんだぜ・・・「早稲田大学」の肩書きを持った新卒生が。

慶応の先輩「どの説明会行っても早稲田はいるよね。」

ふぅ。こりゃライバルたくさんですね。差別化しないと生き残れなーい。


かと言ってこれから仮面浪人しようとか思ってる人に対してお前マジ意味ないからやめろよ・・・なんていうつもりは毛頭ない。
むしろ積極的に奨励するべき事項だと考えている。

彼女が3年生で、今就職活動をしているのだが
彼女は・・・まぁはっきりいってしまえば2ランクくらいは下の大学(ニットウコマセンとかね)だ。

学歴社会なんてものはもうないよ。と言われて久しいが、

彼女に言わせると学歴フィルターはやはり、ある。


大学で面接する部屋が違ったり、求人自体がいかない場合がある。
もっと言えば高学歴じゃなきゃ受けられない企業あったりするしね。外資とか。


で、この後いっぱい書いたのに消えてしまったのでもうやる気がでません。
もうマジないわー久しぶりに書いたらこれだもん。ブログ界は僕を追放したいに決まっている。

端的に書くと、とりあえず学歴は大事だよね。
早稲田はアカデミックな意味で懐が深い。
なんで、とりあえずくればいいじゃん!

て感じっすwwえへへwwwwwもうだめだwwwwwww

まー一年の遅れくらいどうってことないわけよ。
僕はあまりにも劣等生すぎて5年生になるかもだけど、そういう人でなければ、ねw

むしろ仮面浪人しようなんて思っちゃう人は一年くらいみんなより遅れて生きたほうがいいよ。
自分を見つめなおす意味で、さ。


あーもうホントいいこといっぱい書いたのに上のだけじゃ
学歴大事っすよwwwみたいな前時代的思想丸出しのあほ馬鹿あんぽんたんですやん。
でも書き直す気概がもてないのでしゃーない。すまん。俺。

あ、
メールくれた方、ちゃんと返信するんで待っててください。さっき気づきました、すいません。

この文じゃアレなんでなんか相談あったら右のアドレスまでどうぞー。すまん。なんかすまん。

今でもメールとか送ってくれる方がいるから前のブログ残しておいてよかったなって思う。
元気づけられたって言われるとなおさらうれしい。
今読むと恥ずかしくなるんだけどね、言葉遣いとかきめぇwwwって感じだし。
でもすごい等身大で書かれているし、当時の「リアル」がそこにあると思うとなんだか消せないんだよなぁ。
恥ずかしいが消せない。背反した奇妙な感じ。ってことで記録として半永久的に残しておくことになるんだろうな。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://guttari2.blog56.fc2.com/tb.php/52-971a1da6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
仮面してる時サークルしてましたか?
Posted by at 2008.03.29 09:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。